平成29年 筆者推薦図書 不動産鑑定士 不動産の鑑定評価に関する理論

 日本の不動産に関する国家資格「不動産鑑定士」に係る国家試験である「平成29年不動産鑑定士試験(短答式試験・論文式試験)」の受験者の皆様方に向けて、このブログの筆者が強くおすすめする「教材(受験参考書)」を次のとおりご紹介したいと思います。
ここでご紹介する推薦図書は、不動産鑑定士試験における試験科目「不動産の鑑定評価に関する理論(鑑定理論)」に対応するものです。
下記に掲げる「不動産の鑑定評価に関する理論(鑑定理論)」に関する図書は、そのいずれもが、平成26年5月1日に一部改正された「不動産鑑定評価基準(平成26年5月1日一部改正)」及び「不動産鑑定評価基準運用上の留意事項(平成26年5月1日一部改正)」に対応するものです(なお、施行日は、平成26年11月1日です。)。

不動産鑑定士試験科目「不動産の鑑定評価に関する理論」

1.要説 不動産鑑定評価基準と価格等調査ガイドライン

監修:公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会
著者:鑑定評価基準委員会

出版社:株式会社住宅新報社

要説不動産鑑定評価基準と価格等調査ガイドライン

新品価格
¥3,240から
(2017/3/21 20:26時点)

 不動産鑑定士試験(短答式試験・論文式試験)の受験者・受験生であれば、いわば「バイブル」とでも言うのでしょうか。本当に、絶対に持っておくべき必読の一冊ですよね(意外と、あまり知られていなかったりもして、驚くこともありますが。)。
結論から言うと、試験科目「不動産の鑑定評価に関する理論(鑑定理論)」の試験問題は、この本から出題されると言っても全く過言ではありません(ガチです!)。
不動産鑑定士試験の受験者・受験生にオススメできることは、もちろんのこと、更には、合格者・実務修習生のみならず、実際の実務に携わっている「実務家」の人たちからも、重宝されている書籍でもあります。
何しろ、この本に関与する団体・人々が、次のとおりなので、「不動産の鑑定評価に関する理論(鑑定理論)」の本試験問題を作成する「試験委員」とも、なんとなく、直接的又は間接的に、つながっていそうなニオイがプンプンしてくるわけです。

  • 監修者:公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会
  • 編著者:公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会 鑑定評価基準委員会

 というわけで、仮に、予備校等の基本テキストブックを持っていたとしても、これだけは入手しておきたいところです。
なぜなら、不動産鑑定士試験の講座(講義・授業)を開講している代表的な予備校に、「資格の総合スクール・LEC(レック)東京リーガルマインド」「資格の学校TAC(タック)」等がありますが、これらの予備校の講師の先生方も、「鑑定理論」については、この「要説 不動産鑑定評価基準と価格等調査ガイドライン」を参考にしながら、その予備校独自のオリジナルの教材を作っているからです。
以上のようなことから、試験科目「不動産の鑑定評価に関する理論(鑑定理論)」に関する情報源としては、最も信頼できる書物のうちの一つであることは間違いがありません。

(最終更新日:2017.3.21)

2.不動産評価入門 第2版

著者:森島義博
出版社:株式会社東洋経済新報社

不動産評価入門

新品価格
¥3,456から
(2017/3/21 20:29時点)

 この本は、明海大学不動産学部・客員教授、公益社団法人東京都不動産鑑定士協会・相談役という経歴を持つ著者が執筆をしているものです。
なお、明海大学は、「不動産学部(不動産学科)」という名称の学部・学科を設けている日本で唯一の大学です(意外と、あまり知られていませんが。)。

 豊かな暮らしや活力あるビジネスを実現するため、住宅・マンション・オフィスビル・店舗・土地の利用など、私たちの生活環境すべてを総合的に考えるのが不動産学です。
住まいや街づくりは、経済学、法学や工学といった今まで個別に研究されてきた学問だけでは実現できません。
不動産学として総合的に学ぶことで、実社会で役立つ知識・スキルが身につきます。
欧米諸国で盛んな不動産学を学べるのは日本で唯一、明海大学だけです。

(最終更新日:2017.3.21)

3.不動産鑑定 鑑定理論の知識 4訂版

著者:一般財団法人日本不動産研究所 グランドフェロー 新藤延昭
出版社:株式会社住宅新報社

不動産鑑定 鑑定理論の知識

新品価格
¥3,456から
(2017/3/21 20:29時点)

 この本は、公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会・副会長、一般財団法人日本不動産研究所・顧問という経歴を持つ著者が執筆をしているものです。
なお、一般財団法人日本不動産研究所は、日本最大規模の不動産鑑定業者であり、日本における不動産鑑定業又はその関連の市場をほとんど独占していると言っても過言ではありません。
ちなみに、2012年に大変注目されたニュースとして、「日本政府(野田内閣)による尖閣諸島の国有化」という出来事がありましたが、尖閣諸島の価格の鑑定評価は、一般財団法人日本不動産研究所によって行われました。

(最終更新日:2017.3.21)

4.新版 詳解 不動産鑑定評価の教科書

著者:津村孝
出版社:株式会社プログレス

新版 詳解 不動産鑑定評価の教科書

新品価格
¥4,104から
(2017/3/21 20:30時点)

 本書の名称の文字通り、不動産鑑定評価の教科書(基本テキストブック)です。

(最終更新日:2017.3.21)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL