平成28-29年度 筆者推薦図書 三級 ファイナンシャル・プランニング技能士

 「三級 ファイナンシャル・プランニング技能士」に係る検定試験である「平成28-29年度 三級 ファイナンシャル・プランニング技能検定」試験に関し、筆者が推薦する図書をご紹介します。

1.教科書(基本テキストブック)

1-1.史上最強のFP3級テキスト 16-17年版

監修:一級 ファイナンシャル・プランニング技能士 CFP(R) 高山一恵
著者:オフィス海
出版社:株式会社ナツメ社

史上最強のFP3級テキスト 16-17年版

新品価格
¥1,620から
(2017/3/21 19:31時点)

ムダな勉強は一切なし!最短・最速で合格できる画期的なFP3級対策テキストです。
本書は、過去5年間の学科試験・実技試験の全問題をデータベース化し、項目毎に集約して、正解するために必要な知識をすべて抽出した上で、作成しました。
本試験に出される問題の96.7%以上をカバー。本書で学習すれば、過去5年間の問題がほぼすべて解けるようになります。
さらに、基本的な用語説明のほかは、実際に試験に出ないムダな情報はできるかぎりカット。
「試験に出る、覚えるべきもの」と「FPの基礎知識だが、暗記までは必要ないもの」を明確にしているから、非常に効率よく学習できます。

 筆者は、「基本テキスト(教科書)」として、この「史上最強のFP3級テキスト(ナツメ社)」を使い、本試験に合格しました。本当に素晴らしい本です。
なんと、過去の本試験で実際に出題された問題もしっかりと収録されているので、はっきり言って、この一冊だけで十分です。つまり、この本は、「基本テキスト」でもあり、「問題集」でもあり、両者の機能を備えているのです。
FP3級試験には、この一冊があれば確実に合格できると約束します。なぜなら、いわゆる「ファイナンシャル・プランニング」については完全に無知であり、全くの初学者であった筆者自身がこの一冊のみで合格できたからです。
つまりは、ちゃんと読み進めればいいのです。そして、「試験に出る、覚えるべきところ」のみを覚えればいいだけです。
なお、「FPの基礎知識だが、暗記までは必要ないところ」は、覚える必要がなく、ずばり言うと、全く無視して構いません。筆者は、念のため…と考えて、念入りに読み込んでしまいましたが、実際にFP3級試験を受けてみて、損をした気分になりました。この本の記述を信じて、この本が言うとおり、覚える必要がないところは覚えなくても良かったのです(むしろ、暗記が不要な箇所は、読み飛ばしても合否に影響せず、問題なく合格できていたのではないかと思うくらいです。)。
ということで、とことん効率的に合格を狙うには、「ファイナンシャル・プランナー」の基本テキストはこれで決まりです。
本当に史上最強の一冊です。

(最終更新日:2017.3.21)

1-2.一発合格!マンガで攻略!FP技能士3級 16-17年版

著者:前田信弘
出版社:株式会社ナツメ社

一発合格! マンガで攻略! FP技能士3級16-17年版

新品価格
¥1,296から
(2017/3/21 19:30時点)

(最終更新日:2017.3.21)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL