平成29年度 筆者推薦図書 宅地建物取引士 教科書編

 筆者は、資格試験のいわゆる「受験参考書(教材)」を、その使用目的や用途等に応じて、「教科書(基本書、基本テキストブック)」「過去問題集」「模擬試験(予想問題)」「資料集」の4つの区分に分類・整理しています。
この記事でご紹介する図書は、これらの4つの分類のうちで、「平成29年度(西暦2017年度)宅地建物取引士資格試験」に対応する「教科書(基本書、基本テキストブック)」に該当する教材となっています。
ちなみに、日本の不動産に関する資格、すなわち「不動産資格」を心より愛する筆者・酒井ひとみは、不動産資格の出版社である「株式会社住宅新報社」の信奉者(信者)であるがゆえに、したがって、以下でご紹介し、ご案内する学習参考書はこれを信じてやみません。
なぜに、住宅新報社の信奉者となってしまったかというと、その理由というのは、筆者は、当該出版社が出版・発行する図書を使用・活用し、不動産資格である「管理業務主任者」「マンション管理士」「公認 不動産コンサルティングマスター(不動産コンサルティング技能登録者)」「賃貸不動産経営管理士」「競売不動産取扱主任者」等に係る試験のすべてに、一発合格したからでした。つまり、住宅新報社が、筆者を合格という素晴らしい世界に導いてくれたのです(もちろん、真剣に勉強しました。)。
ということで、株式会社住宅新報社が出版する宅地建物取引士資格試験の「教科書(基本書、基本テキストブック)」を次のとおりご紹介します。

教科書(基本書、基本テキストブック)のご紹介

平成29年版 パーフェクト宅建基本書(パーフェクト宅建シリーズ)

出版社:株式会社住宅新報社

平成29年版 パーフェクト宅建 基本書 (信頼と実績本気になったらパーフェクト宅建シリーズ)

新品価格
¥3,024から
(2017/3/21 18:13時点)

(最終更新日:2017.3.21)

楽学宅建士基本書 平成29年版

出版社:株式会社住宅新報社

楽学宅建士基本書〈平成29年版〉 (楽学宅建士シリーズ)

新品価格
¥3,010から
(2017/3/21 18:11時点)

(最終更新日:2017.3.21)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL