学習環境整備法案 防寒対策編 使い捨てかいろ(懐炉) 貼るタイプ

 効率的な試験勉強に当たっては、その前提として、やはり、より良好な学習環境が必要不可欠であり、したがって、学習環境の整備は受験者にとっての最重要課題の一つであると言えるのではないでしょうか。
ある日の日本不動産塾の講義(東京会場)のなかで、このような会話がありました。

筆者: 「冬って、寒くないですか(笑)?」
受験者: 「寒いです(笑)。」
筆者: 「そもそも、寒さを我慢する必要性って、これ、あるんですか(笑)?」
受験者: 「…(熟考)。ま、まさか…(笑)。」
筆者: 「そうなんです!全くないんです(笑)!!」
受験者: 「なっ、なんとーーーっ(笑)!!!」

 ということで…(笑)、このブログの記事では、真冬の寒さを吹き飛ばす「学習環境整備法(案)」として、筆者が日常的に実践する「防寒対策」について、取り上げたいと思います。
その具体的方策とは…、ずばり「使い捨てかいろ(懐炉)」「大量使用」「大量利用」「大量消費」です!
この冬、筆者が実際に購入し、なおかつ使った「貼るタイプ」「使い切りタイプのかいろ(使い捨てカイロ)」について、その所感を簡潔に述べたいと思います(笑)。

(目次)

  1. 貼れば春呼ぶ春魔人 衣類に貼る 堂々14時間カイロ ぽかぽか
  2. 温癒(おんゆ) ひえのシーンに14時間温めてアクティブ ぽかぽか〜貼るカイロ
  3. 春魔人 衣類に貼る 手軽な12時間カイロ あったか〜い レギュラーサイズ
  4. 10時間持続 楽々カイロ 貼るタイプ

1.貼れば春呼ぶ春魔人 衣類に貼る 堂々14時間カイロ ぽかぽか

発売元: KANEISHI(金石衛材株式会社)
サイズ: 130mm×95mm
最高温度: 63℃
平均温度: 52℃(25℃の室温環境)
持続時間: 14時間(40℃以上を保持し、継続する時間)

 貼るカイロのなかでは、筆者は、これが一番好きかも知れません、なんとなくの感じで(笑)。パッケージの雰囲気とか(笑)。
それはそうと、やはり、14時間という持続時間が魅力的であり、具体的には、朝、起きて、衣類に貼り付けて外出し、夜、帰宅しても、まだ温かいんです。
これ、寝る直前くらいまでガッツリ使えますよ。

(最終更新日:2017.3.3)

2.温癒(おんゆ) ひえのシーンに14時間温めてアクティブ ぽかぽか〜貼るカイロ

発売元: KANEISHI(金石衛材株式会社)
サイズ: 130mm×95mm
最高温度: 63℃
平均温度: 52℃(25℃の室温環境)
持続時間: 14時間(40℃以上を保持し、継続する時間)

 上述の使い捨てカイロと発売元の会社が同一で、これも持続時間が14時間で…、上記のものとかなり似ています(笑)。
つまり、これは、パッケージが違うだけ(笑)?
使用した感覚としても、確かに、上記のものと大差を感じませんでしたが(笑)。
やはり、なかみの内容物(使い捨てカイロ本体)は同じで、パッケージのデザインが異なるだけなの??…詳細は不明であり、謎に包まれています。

(最終更新日:2017.3.3)

3.春魔人 衣類に貼る 手軽な12時間カイロ あったか〜い レギュラーサイズ

発売元: KANEISHI(金石衛材株式会社)
サイズ: 130mm×95mm
最高温度: 63℃
平均温度: 52℃(25℃の室温環境)
持続時間: 12時間(40℃以上を保持し、継続する時間)

 これは、12時間なんですよね。十分なんですけどね。14時間のものが存在すると、やっぱり、ソッチに手が伸びてしまうのも事実です(笑)。
とは言え、案外、じつは、意外と12時間以上、持続したりしますよ。使用上、まったく問題を感じていません。

(最終更新日:2017.3.3)

4.10時間持続 楽々カイロ 貼るタイプ

製造元: 大連多連喜保鮮剤有限公司
輸入発売元: ドレンシー株式会社
サイズ: 87mm×110mm
最高温度: 63℃
平均温度: 52℃
持続時間: 10時間(40℃以上)

 まだ開封しておらず、使用していません(笑)。
使用したら感想を簡単に述べます(笑)。

(最終更新日:2017.3.3)

衣類に貼るカイロ 春魔人 レギュラー お徳用 240枚入【ケース販売】

新品価格
¥3,900から
(2017/3/6 22:11時点)

温癒 貼るカイロ レギュラー 10枚入

新品価格
¥195から
(2017/3/6 22:13時点)

【訳アリ】 春魔人 貼るカイロ レギュラー 30個×8 【ケース販売】

新品価格
¥3,276から
(2017/3/6 22:14時点)

楽々カイロ 貼るレギュラー 30枚入

新品価格
¥535から
(2017/3/6 22:17時点)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL