昭和33年度宅地建物取引員試験 合格証書 東京都知事 安井誠一郎

 これは、「昭和33年度宅地建物取引員試験」「合格証書」の原本の写真です。
この「昭和33年度宅地建物取引員試験」は、いわば「第一回宅地建物取引士資格試験」と言えるもので、その合格証書は、大変貴重な文書だと思います。

昭和33年度宅地建物取引員試験 合格証書

書面上の文章の比較

 1958年度の合格証書と2016年度の合格証書とを比べ、その記載の違いについて、次のとおり、表形式でまとめてみました。

1958年度 宅地建物取引業法 第11条の3の規定による 宅地建物取引員試験
2016年度 宅地建物取引業法 第16条の2第1項の規定による 都道府県知事の委任に係る 平成28年度宅地建物取引士資格試験

 上記の一覧表のとおり、この文面をみる限り、昔々は、都道府県知事の委任に係る試験でなかったようであり、これは、すなわち、都道府県知事が直接、試験を実施していたということでしょうか。
なお、2016年現在は、「一般財団法人不動産適正取引推進機構」が、試験の事務を都道府県知事から受託しており、当該団体が試験を実施している模様です。

受験者の本籍地の表示

 これはビックリ…、な、な、なんと、1958年度の書面には、極めて重要な個人情報の一つである「本籍地」の表示が確認できます。
詳細なコメントは差し控えますが、そういう時代だったということでしょうか…。

平成29年版 パーフェクト宅建 基本書 (信頼と実績本気になったらパーフェクト宅建シリーズ)

新品価格
¥3,024から
(2017/2/23 22:45時点)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL