平成29年 筆者推薦図書 不動産鑑定士 不動産に関する行政法規

 日本の不動産に関する国家資格「不動産鑑定士」に係る国家試験である「平成29年不動産鑑定士試験(短答式試験・論文式試験)」の受験者の皆様方に向けて、このブログの筆者が強くおすすめする「教材(受験参考書)」を次のとおりご紹介したいと思います。
ここでご紹介する推薦図書は、不動産鑑定士試験における試験科目「不動産に関する行政法規」に対応するものです。

続きを読む >>

平成29年 筆者推薦図書 不動産鑑定士 不動産の鑑定評価に関する理論

 日本の不動産に関する国家資格「不動産鑑定士」に係る国家試験である「平成29年不動産鑑定士試験(短答式試験・論文式試験)」の受験者の皆様方に向けて、このブログの筆者が強くおすすめする「教材(受験参考書)」を次のとおりご紹介したいと思います。
ここでご紹介する推薦図書は、不動産鑑定士試験における試験科目「不動産の鑑定評価に関する理論(鑑定理論)」に対応するものです。
下記に掲げる「不動産の鑑定評価に関する理論(鑑定理論)」に関する図書は、そのいずれもが、平成26年5月1日に一部改正された「不動産鑑定評価基準(平成26年5月1日一部改正)」及び「不動産鑑定評価基準運用上の留意事項(平成26年5月1日一部改正)」に対応するものです(なお、施行日は、平成26年11月1日です。)。

続きを読む >>

平成29年不動産鑑定士試験論文式試験の結果 受験者数・合格者数・合格率・合格点の推移及び動向

 「平成29年不動産鑑定士試験論文式試験の結果(受験者数・合格者数・合格率・合格点)」は、過去の試験結果に関する統計情報を含めて、次の一覧表「不動産鑑定士試験論文式試験の結果」のとおりです。

続きを読む >>

平成29年不動産鑑定士試験短答式試験の結果 受験者数・合格者数・合格率・合格点の推移及び動向

 「平成29年不動産鑑定士試験短答式試験の結果(受験者数・合格者数・合格率・合格点)」は、過去の試験結果に関する統計情報を含めて、次の一覧表「不動産鑑定士試験短答式試験の結果」のとおりです。

続きを読む >>

2017年 平成29年不動産鑑定士試験案内

 不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価に関する法律に基づき制定された国家資格であり、不動産の経済価値(市場価値)に関する高度の専門家であって、その試験は、日本の不動産に関する資格(不動産資格)のなかでも、最も難易度が高く、不動産業界において最高峰のものである。不動産鑑定士試験に合格し、定められた手順(実務修習)を経た後に国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録されて、初めて不動産鑑定士となることができる。
不動産鑑定士試験の出題範囲は、不動産に関する多岐の法令等にわたって横断的であり、なおかつ奥深い知識を要求されるものであって、これゆえに試験勉強の途中で挫折する者も非常に多い。しかし、不動産鑑定士試験を突破する実力を有する者は、当該試験の出題範囲を網羅することとなるため、不動産に関して極めて幅広い知識を体得するに至り、その結果として、宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士等その他の不動産資格に係る試験にも、同時に合格することのできる十分な実力をおのずと有することとなる。
年間の合格者は、近年は、概ね100人前後であり、「超難関資格試験」である。

続きを読む >>
1