平成29年度 筆者推薦図書 競売不動産取扱主任者

 この記事の筆者、酒井ひとみの合格の経験(完全な独学による一発合格体験)に基づいて、日本の不動産に関する資格「競売不動産取扱主任者」に係る試験である「平成29年度(西暦2017年度)競売不動産取扱主任者試験」の受験者の皆様方に向けて、このブログの筆者が強くオススメする「教材(受験参考書)」を、次の目次のとおり、その主たる使用目的、用途等に基づいて、いわゆる「教科書(基本テキストブック)」「通常の問題集(又は過去問題集)」「模擬試験(又は予想問題)」「資料集」「その他の図書」等々、適切な区分に分類・整理したうえで、それぞれを詳細にご紹介していきたいと思います。
なお、あくまでも、筆者自身の過去の試験勉強、受験勉強の経験のみに基づき、合格のために必要のない教材は、一切ご紹介しません。と言うのは、この記事を書いている筆者の考え方の根底にあるものとして、結局のところ、要は、「合格以外に興味、関心があるんですか?」ということであって、本記事は、当該考え方に基づく内容となります。言い換えれば、「これだけあれば間違いなく合格できるよ!」という内容です。
つまり、受験者の第一の目的である一発合格のみのために、本当に、真に必要な書籍(推薦図書)のみの情報をご提供し、皆様方にとっての効率的な学習に貢献できたら嬉しく思います。

続きを読む >>

平成28年度競売不動産取扱主任者試験結果 受験者数・合格者数・合格率・合格点

 「平成28年度競売不動産取扱主任者試験結果(受験者数・合格者数・合格率・合格点)」は、過去の試験結果に関する統計情報を含めて、次の一覧表「試験結果」のとおりです。

続きを読む >>

平成28年度 筆者推薦図書 競売不動産取扱主任者

 この記事の筆者、酒井ひとみの合格の経験(完全な独学による一発合格体験)に基づいて、日本の不動産に関する資格「競売不動産取扱主任者」に係る試験である「平成28年度(2016年度)競売不動産取扱主任者試験」の受験者の皆様方に向けて、このブログの筆者が強くオススメする「教材(受験参考書)」を、次の目次のとおり、その主たる使用目的、用途等に基づいて、いわゆる「教科書(基本テキストブック)」「通常の問題集(又は過去問題集)」「模擬試験(又は予想問題)」「資料集」「その他の図書」等々、適切な区分に分類・整理したうえで、それぞれを詳細にご紹介していきたいと思います。
なお、あくまでも、筆者自身の過去の試験勉強、受験勉強の経験のみに基づき、合格のために必要のない教材は、一切ご紹介しません。と言うのは、この記事を書いている筆者の考え方の根底にあるものとして、結局のところ、要は、「合格以外に興味があるんですか?」ということであって、本記事は、当該考え方に基づく内容となります。言い換えれば、「これだけあれば間違いなく合格できるよ!」という内容です。
つまり、受験者の第一の目的である一発合格のみのために、本当に、真に必要な書籍(推薦図書)のみの情報をご提供し、皆様方にとっての効率的な学習に貢献できたら嬉しく思います。

続きを読む >>

2017年12月3日 平成29年度競売不動産取扱主任者試験案内

 競売不動産の代行(不動産競売)のスペシャリスト(専門家)として、2017年現在、最も注目されている不動産系民間資格の一つであり、毎年、受験者数が増加している。
競売不動産購入者への助言や代行には、何の法律の制限もなく、宅建業者でなくても「競売代行業」等の開業が可能な現状であるなか、様々なトラブルの発生を防ぐために、一定の知識、能力の資格制度を設けることによって、消費者に対して安心を与え、未然の被害を防止するものである。

続きを読む >>
1