2017年合格目標 宅地建物取引士 格安通信講座 価格比較一覧表

 2017年合格目標の宅地建物取引士の通信講座の価格に関する比較一覧表を独自に作成しましたので、皆様方それぞれの最善の選択のために、是非ともご覧ください。
各企業が提供する通信講座を比較し、しっかりとご検討いただきたく思います。

続きを読む >>

平成29年度 筆者推薦図書 宅地建物取引士

 この記事の筆者、酒井ひとみの合格の経験(完全な独学による一発合格体験)に基づいて、日本の不動産に関する資格「宅地建物取引士」に係る試験である「平成29年度(西暦2017年度)宅地建物取引士資格試験」の受験者の皆様方に向けて、このブログの筆者が強くオススメする「教材(受験参考書)」を、次の目次のとおり、その主たる用途・目的に基づいて、いわゆる「教科書(基本テキストブック)」「通常の問題集(又は過去問題集)」「模擬試験(又は予想問題)」「資料集」「参考書」「その他の図書」等々、適切な区分に分類・整理したうえで、それぞれを詳しくご紹介したいと思います。
なお、あくまでも、筆者自身の過去の試験勉強、受験勉強の経験のみに基づき、不必要な教材は、一切、ご紹介しません。と言うのは、この記事を書いている筆者の考え方の根底にあるものとしては、結局のところ、要は、「合格以外に興味があるんですか?」ということであって、本記事は、当該考え方に基づく内容となります。
つまり、受験者の第一の目的である一発合格のみのために、本当に、真に必要な書籍(推薦図書)のみの情報をご提供し、皆様方にとっての効率的な学習に貢献できたら嬉しく思います。

続きを読む >>

平成29年度 筆者推薦図書 宅地建物取引士 教科書編

 筆者は、資格試験のいわゆる「受験参考書(教材)」を、その使用目的や用途等に応じて、「教科書(基本書、基本テキストブック)」「過去問題集」「模擬試験(予想問題)」「資料集」の4つの区分に分類・整理しています。
この記事でご紹介する図書は、これらの4つの分類のうちで、「平成29年度(西暦2017年度)宅地建物取引士資格試験」に対応する「教科書(基本書、基本テキストブック)」に該当する教材となっています。
ちなみに、日本の不動産に関する資格、すなわち「不動産資格」を心より愛する筆者・酒井ひとみは、不動産資格の出版社である「株式会社住宅新報社」の信奉者(信者)であるがゆえに、したがって、以下でご紹介し、ご案内する学習参考書はこれを信じてやみません。
なぜに、住宅新報社の信奉者となってしまったかというと、その理由というのは、筆者は、当該出版社が出版・発行する図書を使用・活用し、不動産資格である「管理業務主任者」「マンション管理士」「公認 不動産コンサルティングマスター(不動産コンサルティング技能登録者)」「賃貸不動産経営管理士」「競売不動産取扱主任者」等に係る試験のすべてに、一発合格したからでした。つまり、住宅新報社が、筆者を合格という素晴らしい世界に導いてくれたのです(もちろん、真剣に勉強しました。)。
ということで、株式会社住宅新報社が出版する宅地建物取引士資格試験の「教科書(基本書、基本テキストブック)」を次のとおりご紹介します。

続きを読む >>

平成28年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要 受験者数・合格者数・合格率・合格点

 「平成28年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要(受験者数・合格者数・合格率・合格点)」は、過去の試験結果に関する統計情報を含めて、次の一覧表「試験実施結果の概要」のとおりです。

続きを読む >>

平成29年版 宅地建物取引の知識

 この記事では、昭和33年(西暦1958年)以来、不動産取引のエキスパートを輩出し続ける不動産業のバイブルである「宅地建物取引の知識」という刊行物をご紹介したいと思います。
この刊行物は、第1回目の「宅地建物取引士資格試験」(試験開始当時の名称:「宅地建物取引員試験」)が開始された昭和33年(西暦1958年)に初版が発行され、それ以降も版を重ね、内容的な継続性・連続性をもって、現在も存在し続けており、宅地建物取引業に関しては、最も長い歴史のある書物です。
なお、「第1回宅地建物取引員試験(試験日:昭和33年11月16日(日曜日))」に関しては、次のブログの記事をご覧ください。

 話題をもとに戻し、この記事の題名の「平成29年版 宅地建物取引の知識」について、以下のとおり、ご説明します。
ただし、はじめに、結論から言うと、「平成28年版 宅地建物取引の知識」が「平成29年度宅地建物取引士資格試験」に対応する最新版の刊行物(書籍・図書)となります。

続きを読む >>

平成28年度 筆者推薦図書 宅地建物取引士 基本テキストブック編

 筆者は、資格試験のいわゆる「受験参考書(教材)」を、その使用目的や用途等に応じて、「教科書(基本書、基本テキストブック)」「過去問題集」「模擬試験(予想問題)」「資料集」の4つの区分に分類・整理しています。
この記事でご紹介する図書は、これらの4つの分類のうちで、「平成28年度(西暦2016年度)宅地建物取引士資格試験」の「教科書(基本書、基本テキストブック)」に該当する教材となっています。
ちなみに、日本の不動産に関する資格、すなわち「不動産資格」を心より愛する筆者・酒井ひとみは、不動産資格の出版社である「株式会社住宅新報社」の信奉者(信者)であるがゆえに、したがって、以下でご紹介し、ご案内する学習参考書はこれを信じてやみません。
なぜに、住宅新報社の信奉者となってしまったかというと、その理由というのは、筆者は、当該出版社が出版・発行する図書を使用・活用し、不動産資格である「管理業務主任者」「マンション管理士」「公認 不動産コンサルティングマスター(不動産コンサルティング技能登録者)」「賃貸不動産経営管理士」「競売不動産取扱主任者」等に係る試験のすべてに、一発合格したからでした。つまり、住宅新報社が、筆者を合格という素晴らしい世界に導いてくれたのです(もちろん、真剣に勉強しました。)。
ということで、株式会社住宅新報社が出版する宅地建物取引士資格試験の「教科書(基本書、基本テキストブック)」を次のとおりご紹介します。

続きを読む >>

平成28年度 筆者推薦図書 宅地建物取引士

 平成28年度の「宅地建物取引士」資格試験に関し、筆者が推薦する図書をご紹介します。

続きを読む >>

平成28年度宅建士試験受験者が知りたい凄まじい最終兵器「コレがあれば100%受かる!」

 「コレがあれば100%受かる!」
という、この表現は、少なからず大袈裟かも知れませんが、しかし、決して冗談・ジョークではありません。なぜかと言えば、筆者自身が、この「秘密の最終兵器」を利用し、一発合格できたからです。つまり、筆者が受験生だった時代の実際の体験・事実に基づいているものなのです。
しかも、まだ本試験の当日まで、かなりの時間がありますよね。筆者の受験生時代の「合格体験談」をご覧いただければご理解いただけるかと思いますが、平成28年度の本試験日まで、おおよそ1か月間(30日間)もあれば、まだまだ全然、間に合います。合格を勝ち取ることを絶対に諦めないでください。
本当に、「これさえあれば!」「確実に合格できる!!」と、筆者は、過去の当事者として、確信しています。これからご紹介する「最終兵器」の概要・概略をご覧いただければ、なるほど!たしかに!と、ご納得していただけるかと思います。

 というのは、先に結論から言いますと、「どのような出題をされたとしても受験者の上位15%に入ることが可能」になるように作成された、とてつもない情報(調査・分析データ)が掲載されている書籍・図書を、下記において、ご紹介したいと思います。
要するに、宅建士試験の問題の論点ごとの出題可能性に関する、完全オリジナルの「統計情報」をご案内したく思っており、この統計情報は、過去の全58回の本試験の問題・全2,600問に関して、徹底的に調査・分析を行った著者が、その統計結果に基づき、更には、最近の時代のトレンド(風潮・潮流)を組み込んで、作成したものであり、これ以上のデータは、他には存在しないものと思われます。
「高得点で合格することを狙う」よりも「どんな状況でも最低合格(ぎりぎり合格)はできる」というスタンスで、特に、直前期においては、この情報を利用・活用し、適切に最終調整・最終確認をすれば、合格することは間違いありません。もし、上位から15%の領域に入ったとしても合格できなかったときは、それは、もはや、その年度の受験者全員が、この書籍の情報を完全に吸収し、適切に利用・活用し、この情報に基づいて試験対策をしてしまったときだと思います(笑)。
まさか、そのような、あり得ない状況が生じない限りにおいては、これは「凄まじい最終兵器」になり得ると思います。いいえ、なります!(筆者は、なりました。)

 希少価値の高い情報・データは、資産であり、財産です!
この書籍に載っている情報は、そのまま、合格を手に入れるのと同等程度の価値があると思います。
以下、筆者が実際に使用した感想として、個人的なコメント(口コミ・レビュー)とともに、ご覧いただけたら幸いです。

続きを読む >>

昭和33年度 宅地建物取引員試験 受験票

 わが家の倉庫において、色々な場所をゴソゴソと掘り起こしていたら、「昭和33年度 宅地建物取引員試験 受験票」なるものを発掘しました。
昭和33年は、西暦1958年であり、この受験票は、わが国において、「宅地建物取引業法(昭和二十七年六月十日法律第百七十六号)」に基づき、初めて、「宅地建物取引員試験」(西暦2017年現在における「宅地建物取引士資格試験」)が開始された年のものであるということが判明しました。
この「宅地建物取引」(西暦1958年(昭和33年))という資格の名称が「宅地建物取引主任者」(西暦1965年(昭和40年))に変わり、更に現在の「宅地建物取引」(西暦2015年(平成27年))となった歴史的な経緯からみれば、資格の称号・呼称は異なっても、いわば「宅地建物取引に関する専門家を証明する地位」として、この資格には、実質的かつ本質的な意味における同一性・連続性・継続性があると言えます。
要は、呼び名が変わっても、中身は同じだということです。
したがって、このブログに掲載する写真の受験票は、わが国の歴史上において記念すべき「第1回宅地建物取引士資格試験」のものとも言えるかと思います。
ということで、いわば「歴史的な資料」として、その写真を下記のとおり、ここに公開しておきたいと思います。

続きを読む >>

昭和33年度宅地建物取引員試験 合格証書 東京都知事 安井誠一郎

 これは、「昭和33年度宅地建物取引員試験」「合格証書」の原本の写真です。
この「昭和33年度宅地建物取引員試験」は、いわば「第一回宅地建物取引士資格試験」と言えるもので、その合格証書は、大変貴重な文書だと思います。

続きを読む >>